不動産投資を始めてみよう

不動産投資を通してみよう

最近は不動産投資がブームになっていますが、そもそもどういう投資なのでしょうか。不動産投資というのは、アパートやコーポ、そしてマンションなどの不動産を購入して賃貸にしたり売却したりすることで利益を得ることを言います。なぜ今不動産投資が注目されているのかといいますという、貯金よりもはるかにリターンがおっきいからです。今や預貯金の利率は1パーセント前後になっています。
これは1000万円を預けても年間でわずか10万円程度の利子しか得ることができない計算になります。一方で不動産を賃貸に押し流すことによって、銀行の預貯金よりもはるかにおっきいリターンを得ることが可能になります。これを利回りというのですが、不動産を賃貸に出したときは、継続して利回りを得ることができるので、個人年金代わりに不動産を運用し設ける人が目立ちつつあるのです。

不動産は個人でも所有することができ、空き室リスクはあるものの長期間に亘って不労所得をもたらして受け取る大変有効な投資だ。
また、仮に資金が少ないとしても銀行や信用金庫などの金融機関から融資を受ければ不動産を購入することができます。
投資に成功すれば毎月安定して賃貸収入を得ることができるようになるので、精神的にも経済的にも豊かになります。年金に関する不安が伸びる中、毎月収入があれば将来に関する不安も軽減されるようになります。
また、不動産投資は学生も主婦も勤め人もできます。
専門的な知識やテクニックも必要なく、購入した不動産を賃貸に出せばいいだけなので、手軽に使えるのがメリットだ。

バイナリーオプション必勝法