PBRの特徴

PBRは会社が買取る利益ではなく、会社の資産に関する株価の割合に着目した指標だ。利益であればものすごく利益を押し流す期もあればわずかな利益または損失が出る期があるように、計算する期を通じて大きく変動することが考えられます。

しかし、PBRで使用する株価は変動するとはいえ、ある程度の範囲での変動であり、利益ほど大きく変わることがありませんので、計算する期にての差はものすごくなく、割安かどうかを判断することができるというメリットを持っています。

またPBRは、1倍という無理強いな基準があることから、他の銘柄と比較する必要はなく、その銘柄は割安だと判断できる無理強いな指標だ。無理強いな指標ですことから相対的指標と違い、使い手の主観が入ることもないので非常に使いやすい指標といえるのです。

ただし、業種や企業の創業から期間等によってその値に、差があることも理解しておく必要があります。

新興市場などの創業まも薄い会社などではPBRが高くなり易い傾向にあります。会社の創業時、自己資産は小さいことがほとんどで、足りない資金は銀行から借り受けることが多いはずです。結果、そんな会社は、大企業と比べると負債の比率が激しく、自己資産(純資産)の比率が低場合が多くなります。そのためPBRが高くなる傾向があるのです。企業が成長し、負債の比率が低下するためPBRは徐々に落ち着いていくのです。

PBRの要素

ここまで述べてきたようにPBRが1未満の会社は確かにその時点で、解散するとすれば投資した金額以上の金額を手にすることが出来るので、割安という見ることができます。

しかし、投資をする際、現にその会社が解散すると見込んで投資をする顧客はほとんどおらず、基本的には次期以降も継続して経営を続け、利益を編み出し積み重ねるであろうとの推測から投資をするはずです。最大手であれば現に解散する例はあまりありません。

実は、PBRが1未満の会社には、割安という見方以外の見方があります。

将来の利益や会社への期待値や失望感も反映される

株価には、将来の利益や会社への期待値や失望感も現れ変動します。つまり、企業への期待感がないは、株価が酷いためあり、PBRが低くなるについてに繋がってしまう。

言い換えれば、市場がその会社やオーナーに対して不合格点をつけてあり投資先としてリスクがあると見ているとも当てはまるのです。実際PBRが1未満の株には、業績が振るわない銘柄が多くあります。

換金しにくいものは資産の価値が低め

純資産も現金や預貯金であれば良いのですが、土地や建物など不動産などの換金しにくい性質のものは、すぐに換金しようとした場合、その簿価の通りに売却することは辛く、簿価よりも低い価格で売らざるを得なくなることが考えられます。

有価証券であったとしても、会社が保有している株式は個人が保有している株式と比べるとその株数もかなり多くなります。そのため、株式を売る際には、株価が下落しますので、結果的にはそのときの株価よりも低い価格でしか売却することが出来ません。つまり、換金性の小さい資産は現に換金する際には、その簿価に比べ換金できる金額は少なくなるリスクを取り入れるのです。

そのため、解散時に感じ取ることが出来る資産に着目していたとしても、換金性の小さい資産を多く持つ会社は、資産の価値を低めに見積もることも必要となるのです。PERでは割安に見えても、それ以外の要因から総合的に判断した結果、実際には割安ではないことも多いのです。

逆にPBRが1から上の株式は、解散時に受取ることが出来る金額によって投資に必要となる金額が厳しく割高であるということですが、それでもその株式は買われているのであり、その会社や今後の業績に関しまして期待が持たれておる有望な会社であると確かめることもできるのです。

カードローンの自己破産とは?