PBRの計算方法

PBR(株価純資産倍率)の計算方法

PBRの計算方法は、PBR=株価÷1株当たり純資産(1株あたり株主資本)となります。

なお「1株当たり純資産」は、「純資産」÷「発行済株式数」で突きつけることができます。また、ここで使用される「純資産」は、貸借対照表上の「純資産の部」から「少数株主持分および新株予約権等」を消した金額、つまり「自己資本(株主持分)」を意味します。

まさに数字を入れて計算してみます。

株価・・・800円
1株あたりの純資産・・・1,000円

PBR=800円÷1,000円=0.8
という計算として、PBRは0.8倍になります。

PBRは株価の割安性を弾き出すための指標

PBRは割安株を捜すための指標だ。

たとえば、会社が営業を終了し解散することになったと行う。その際は、総資産から支払い義務の残る費用を払い、給与や退職金を払います。その後に残る資金を株式の持ち分割合に応じて配賦したものが、1株当たりの純資産額なのです。PBRは、その金額といった現在の株価の関係を表して要ることから、株価の割安性を量ることができるのです。

PBRは、その値が乏しいほど投資した金額によって仮に会社が解散したとしたら感じ取ることが出来る金額が多いについてになるので、「株価が割安である」といえるのです

PBRは1倍が基準

PBRは1倍が基準となります。

会社が解散をした場合に1株あたり受け取ることができる金額といった投資に必要とされる金額(=投資ときの株価)は理論的には同じになると当てはまるはずだからです。

つまり、PBRが1を下回る会社は、解散ときの受取額>株価であるので投資対象として割安って見ることができ、PBRが1を上回る会社は、解散ときの受取額<株価であるので投資対象として割高であるとみることが取れるということです。

本来の価値から見て割安な「バリュー株投資」を考える上では、PBRが1を下回る銘柄を探してみると良いでしょう。

キャッシング破産する人の特徴